目薬をさす人


緑内障のおくすり一覧

薬効分類名 代表的な商品名 一般名 薬理作用

プロスタグランジン製剤
(PG製剤)

トラバタンズ

トラボプロスト

ぶどう膜強膜経路の房水排出を促進する。

レスキュラ

イソプロピルウノプロストン

キサラタン

ラタノプロスト

タプロス

タフルプロスト

ルミガン

ビマトプロスト

炭酸脱水酵素阻害剤
(CAI)

エイゾプト

ブリンゾラミド

房水の産生に関与している炭酸脱水酵素を
阻害することにより、房水の量を減らす。

トルソプト

ドルゾラミド塩酸塩

副交感神経刺激薬

サンピロ

ピロカルピン塩酸塩

シュレム管経路の房水流出を促進する。

抗コリンエステラーゼ薬

ウブレチド

ジスチグミン臭化物

瞳孔括約筋の収縮による縮瞳がおきて、
シュレム管の圧迫がなくなり房水の流れを良くする。

交感神経刺激薬

ピバレフリン

ジピベフリン塩酸塩

房水の産生を抑制する作用と、房水排出を促進する作用をもつ。

β遮断薬

ミケラン
ミケランLA

カルテオロール塩酸塩

房水の産生に関与しているβ受容体の作用を
遮断することにより、房水の量を減らす。

チモプトール
チモプトールXE
リズモンTG

チモロールマレイン酸塩

β1遮断薬

ベトプティック
ベトプティックエス

ベタキソロール塩酸塩

房水の産生に関与しているβ受容体の作用を
遮断することにより、房水の量を減らす。

α1・β遮断薬

ハイパジールコーワ
ニプラノール

ニプラジロール

房水の産生を抑制する作用と、ぶどう膜強膜経路の房水排出を促進する作用をもつ。

ミロル

レボブノロール塩酸塩

α1遮断薬

デタントール

ブナゾシン塩酸塩

ぶどう膜強膜経路の房水排出を促進する。

α2作動薬

アイファガン

ブリモニジン酒石酸塩

房水の産生を抑制する作用と、房水排出を促進する作用をもつ。

ROCK阻害薬

グラナテック

リパスジル塩酸塩水和物

線維柱帯・シュレム管経路の房水流出を促進する。

配合剤
(PG製剤+β遮断薬)

デュオトラバ

トラボプロスト+
チモロールマレイン酸塩

  • ぶどう膜強膜経路の房水排出を促進する。
  • 房水の産生に関与しているβ受容体の作用を遮断することにより、房水の量を減らす。

ザラカム

ラタノプロスト+
チモロールマレイン酸塩

タプコム

タフルプロスト+
チモロールマレイン酸塩

配合剤
(CAI+β遮断薬)

コソプト

ドルゾラミド塩酸塩+
チモロールマレイン酸塩

  • 房水の産生に関与している炭酸脱水酵素を阻害することにより、房水の量を減らす。
  • 房水の産生に関与しているβ受容体の作用を遮断することにより、房水の量を減らす。

アゾルガ

ブリンゾラミド+
チモロールマレイン酸塩

本表の医薬品は、薬価基準に収載されている医薬品(平成27年6月現在)である。
なお、一般名は第十五改正日本薬局方に準拠した。

コラム

Column|日本で初めての点眼薬

日本で初めて作られた点眼薬は、岸田吟香が作った
『精リ水』です。 『精リ水』の精リはその成分である
硫酸亜鉛をあらわす中国語で、 精リ水は日本初の水目薬として
明治10年、楽善堂より発売されました。

岸田吟香は眼病に悩まされていた時、横浜の宣教師で眼科医のヘボンの噂を聞き、 診察をうけてある薬をもらったところ、医者で治らなかった病気が治った上に、 ヘボンは放浪していた岸田の身を案じて診療費を請求しませんでした。

それがきっかけで岸田はヘボンのもとで働くことになり、当時、ヘボンが取り組んでいた 和英辞書の編纂を手伝いました。 そして、岸田はヘボンから受け継いだ眼病の薬の製法を元に、紆余曲折を経て、 1867年『精リ水』を製造販売しました。

 

検索サイトのご紹介

illust02

その他医薬品の詳しい情報は下記から

■ 「患者向医薬品ガイド」と「くすりのしおり」を同時に検索することができます。
医薬品医療機器総合機構
 

トップへ

© 2015 Novartis.