緑内障って、どんな病気?

緑内障は、目の圧力で視神経が傷つき、視野が狭くなっていく病気で、中途失明の原因の第2位です

緑内障眼球説明図

まぶたの上からそっと目をさわるとわかるように、眼球は空気のつまったボールのように張りがあります。これは眼球の中の圧力(眼圧[がんあつ])が外よりも高く保たれているからです。おかげで、体を動かしても眼球の形が変わらず、網膜[もうまく]の上にきちんと映像を結んで、ものを見ることができます。

中途失明の原因

ところが、眼球の後ろにある視神経[ししんけい]はとても繊細で、眼圧に耐えられないと押しつぶされて、傷ついてしまいます。残念ながら傷ついた視神経は元に戻りません。その結果、大事な視神経の数が減ってしまい、視野[しや]がだんだん欠けていきます。これが「緑内障」です。
しかも、早期に発見、治療して、病気の進行を止めないと、ついには失明に至ります。実際、緑内障は失明の原因の第1位であり、油断のできない病気なのです。

トップへ

© 2015 Novartis.